髪が傷む原因のNo1は美容室??

当店にご来店頂くお客様は

元々の髪の素材は綺麗なのに、

●ダメージが原因の髪の乾燥やパサつきで広がってしまう。

●ダメージで硬くなり、しなやかさがなくなり毛先がまとまらない。

●癖とダメージが交じり合い、広がりの原因になっている。

とダメージに起因したお悩みが一番多いんです。

でも、

意外にそのダメージの原因が美容室の薬剤と技術だった、

なんていう事も多いんです。

IMG_5371

※ハイトーンカラーと縮毛矯正でダメージが蓄積した状態

薬剤でのダメージは

カラー・パーマ・縮毛矯正とイメージがつきやすいですよね。

毎回サロンでトリートメントをしているのに、

どうしてダメージが改善されないんだろう??

まあ、こんなものなのかなと半分諦めている方も多いと思うんですよね。

でも、よくよくお客様の髪を観察させて頂くと、

美容室でのカラー等のマイナスが凄すぎて、

トリートメントがその場しのぎになってしまい

プラスに蓄積できていない場合が多いんです。

簡単に言えば、

ご来店の度に、トリートメントの成分をプラスしてあげたいのに

カラー・パーマでマイナスになってしまい、

蓋をあけてみれば実はマイナスだった。

この繰り返しで髪が傷んでいくという、

いともシンプルな図式を経て

最終的に

●ダメージが原因の髪の乾燥やパサつきで広がってしまう。

●ダメージで硬くなり、しなやかさがなくなり毛先がまとまらない。

●癖とダメージが交じり合い、広がりの原因になっている。

という状態を作ってしまいます。

当店では、ツヤのある美しい髪をお望みの方に

●カラーリングの際はリタッチ、又は当店のオーガニックハーブカラーとイルミナカラー

※イルミナ・ハーブカラーは+1080円となりますが、イルミナはダメージを最小限に、ハーブカラーはダメージが全くありません。

 

●パーマは毛先のみ、又はできる限り回数を減らしてあげる。

※良い状態の髪にかけたパーマは長持ちしますので、必然的に回数は少なくなりますので、

改善してからのパーマをおすすめさせて頂いています。

 

●縮毛矯正の施術は慎重に行う

※アイロン矯正ならリタッチ施術のみ、ブロー矯正の場合は毛先への、担当の慎重な薬剤の調合が必要です。

こんな施術がおすすめしています。

●ツヤのあるまとまり良い髪を叶える為には

髪のダメージを蓄積させない施術工程と判断が重要になります。

当店のスタイリストは、

●髪質改善へのノウハウの共有

をしっかりと行っていますし

●モデルさんでの検証

も繰り返して髪質改善の知識と技術を自分のものにしています。

そのダメージの原因は

美容室での施術が原因になっていませんか??

IMG_5371