毛先周辺の切れ毛、折れ毛ができてしまう3つの原因。

●お客様からの質問
切れ毛や折れた毛ができてしまうのは、髪が傷んでいるから仕方ないのでしょうか??。
PourVousの回答
一言で切れ毛と言っても、どの部分からの切れ毛なのかでも、

できてしまう原因が変わってくる場合があります。。

例えば、

 

●毛先周辺の切れ毛・折れ毛ができる原因

毛先の方で切れ毛・折れ毛になってしまう原因には3種類あります。

原因と、具体的な解決策をお伝えしますので、是非参考にしてくださいね。

 

①美容師さんが量を減らす為にいれた梳きハサミ

毛先周辺に切れ毛・折れた毛ができないようにする為には、担当の美容師さんへ「切れ毛が気になっている事を伝えておく」事で過剰な量感調整が原因の切れ毛・折れた毛を作ってしまうようなことが無くなると思います。

 

➁薬剤やアイロンの間違えた使用法によるダメージの蓄積

頻繁に毛先までのアルカリカラーやパーマ、縮毛矯正を繰り返すと、毛先のタンパク質とキューティクルが弱ってしまい、切れ毛・折れた毛の原因になりやすくなります。

この場合も、担当の美容師さんへ「切れ毛が気になっている事を必ず伝えましょう」

例えば、カラーリングであれば、根元のみの処理で対応したり、

色持ちが悪く、どうしても毎回毛先までの施術が必要な場合は、使用する薬剤をノンダメージのハーブのお薬やヘアマニキュアに変更したりといった工夫ができます。

カールアイロンやストレートアイロンの間違えた使用方法も切れ毛・折れた毛を作る原因になりますので注意が必要です。

アイロンの間違った使用方法は下記リンクでご紹介していますので是非ご覧ください↓

ヘアアイロンやストレートアイロンの間違った使用方法3選

 

③無理なブラッシング

濡れた状態の髪はキューティクルが開いて、傷みやすい状態です。

髪が濡れた状態が傷みやすい理由

濡れた状態であれ、乾いた状態であれ、絡まりがある髪へ根元から無理なブラッシングをすると、テンション(強い力)がかかってしまい切れ毛・折れた毛を作りやすくなってしまいます。

まずは粗目の櫛で毛先3分の1からとかして絡まりをほどき

次に毛先から2分の1、最後に根元から梳かというように

目安をたててから髪を梳かすことで、

スムーズに絡まりを解消する事ができます。

粗目の櫛で梳かし終えたら、最後に細かい目のコームで梳かして仕上げることで

乾かしたときにツヤのでやすい状態になりますし、無理なテンションがかからないので

毎日のブラッシングが原因でできてしまう切れ毛・折れた毛を解消することに繋がります。

 

毛先の切れ毛・折れ毛が気になる方は是非上記の3つを実践して頂き、綺麗な髪を維持して頂きたいと思います。

 

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena